Topics

SDNエンジニアの育成。NECが蓄積したOpenFlow技術を伝授します。
NECグループのSDNへの取り組み、トレーニングの有効性についてインタビューしました。

次世代標準ITプラットフォームを支える重要な技術として近年注目を集めているSDN(Software-DefinedNetworking)は、ソフトウェアの操作で構成を動的に設定、変更できるネットワーク、あるいはそのためのアーキテクチャを指す概念です。そして、そのアーキテクチャを実現するプロトコルがOpenFlowです。
NECは、企業・官公庁やデータセンター市場といったエンタープライズ市場向けのSDN事業を強化することを2014年8月27日に発表しました。これを受けて、NECマネジメントパートナーはNECの協力支援の下、SDNトレーニングのコースラインアップを拡充いたしました。
そこで、NECグループとしてのSDNの取り組みと強み、そしてトレーニングの有効性について、NEC SDN戦略本部 シニアエキスパート 宮永直樹(以下、宮永)と当社 人材開発サービス事業部 トレーナー 秋山光祐(以下、秋山)にインタビューしました。

7年間研究し、ノウハウを蓄積してきたOpenFlowの技術とリファレンス。自社の競争力向上のためにSDN技術者の育成をお勧めします。

2014年11月

山崎:
早速ですが、宮永さんにSDNがどのようなもので、お客様にどのようなメリットがあるかご説明していただいてもよろしいでしょうか?

SDNではソフトウェアでネットワークを動的に制御

NEC SDN戦略本部 シニアエキスパート宮永直樹

NEC SDN戦略本部
シニアエキスパート
宮永直樹

宮永:

SDNとは、ネットワークをソフトウェアで動的に制御すること、およびそのアーキテクチャ、という新しい概念です。

現在のネットワークの仕組みでは、目的地にデータを届ける際に、複雑に張り巡らされたネットワークの中をどういう経路やルールで送るのか、それぞれのネットワーク機器が個別に判断してバケツリレー式にデータの受け渡しを行っています。そのため、データの混雑状況や、一部ネットワークの増強・メンテナンス状況に応じて最適なルートに変更することが困難でした。また、ネットワークの構築や変更では、大量の機器の設定が必要となり、大変な手間がかかります。

そこで、従来、個々のネットワーク機器が1台ずつで行ってきたネットワーク制御とデータ転送処理を分離し、汎用サーバー側のソフトウェアでデータ転送処理のみを行う機器を動的に制御することで、通信を柔軟に効率よく、安全に行えるようにすることを目指して考えられたのがSDNです。

SDNの導入のメリット

山崎:
従来は個別に設定され接続された通信機器が個別に判断してデータを伝送していたので、伝送効率もセキュリティの面でもよくなかったのが、SDNによりソフトウェア上で一元管理できるようになったということですね。そうなればネットワークも効率的に設計・運営できるため、コストも安くなるということでしょうか。
宮永:
かなりざっくりとした説明ですが的は射ていると思います。お客様がSDNを採用するメリットをまとめると以下になります。
  • インフラ設備の効率化
  • リソース配分の最適化
  • 運用工数の削減
  • セキュリティの向上
  • システム全体の見える化

これらが実現できるのは複雑に配置されたネットワークも全てソフトウェア上で一元的に管理ができるからなのです。

SDV概念図
宮永:
この感覚が今までネットワークエンジニアとして経験を積んできた方にはなかなかピンとこないようです。熟練のエンジニアにしてみれば、今まで機器やケーブルの特性を熟知し、トラフィック予測に基づきネットワークを設計し、一台一台構築してきたはずなのに、SDNではソフトウェア上でポチポチとボタンを押すように設定することで、きちんと構築できてしまうのですから、キツネにつままれたような感覚になる気持ちがわかります。
山崎:
従来であればConfigを設定しているだけのように見える管理画面上の操作で実際に構築できてしまうのですから、それはすごいですよね。
宮永:
そうですね。私は今まで100社以上にSDNの説明やデモをしてきたのですが、多くの方は、最初はポカーンと話を聞いている感じです。ただそういう方もデモで詳しく仕組みを説明していると突然スイッチが入ったようにSDNのすごさを理解していただけます。「なるほど、これはすごい!」と立ち上がってしまう方もいらっしゃいました。それは、ただのコンフィグレーション管理とSDNの本質的な差に気づかれた瞬間です。
山崎:
SDNはここ2年半ほど前から出てきた言葉だと思うのですが、そんなにすごいなんて、なかなか信じられませんよね。
宮永:
SDN自体は歴史が浅いですが、NECはOpenFlowについてスタンフォード大学とNEC研究所との共同研究を7年前に開始しており、3年前に製品をリリースしました。
世の中にSDNという言葉がはやり始めた時には、仮想化基盤との連携などSDNのユースケースをすでに蓄積していました。実際、ワールドワイドですでに200システム以上の導入実績もあるのです。
今回NECマネジメントパートナーのSDNトレーニングで提供しているノウハウは、その7年間蓄積された研究・開発技術のNECグル―プのリファレンスを体系立てたものです。日本のSDN市場をけん引する集大成的なNECの技術なのです。
山崎:
続いて、SDNトレーニングすべての教材を作成している秋山さんにSDNの面白さを語っていただきたいと思います。
NECマネジメントパートナー 人材開発サービス事業部 主任 秋山光祐

NECマネジメントパートナー
人材開発サービス事業部
主任 秋山光祐

秋山氏:

今まで蓄積してきた技術を活かして、新しい感覚の技術を得られるところでしょうか。今までネットワークインフラの構築については物理的な部分が多かったと思うのですが、仮想化の世界で大半を設計し、構築・運営していきますので、今まではできなかったダイナミックな設計や対応ができるのです。それにより今まで以上にお客様のご要望に応えることができるようになるのです。これは口で説明するよりも、実際に触れていただいた方が、わかりやすいと思います。受講いただけるときっと感動できる局面に出会えるはずです。

SDN/OpenFlow関連トレーニングについて

山崎:
今回NECマネジメントパートナーはSDNに関するトレーニングを7コース展開しますが、その魅力を教えください。
秋山:
概説、体験、実習、設計の主力4コース、さらに開発者向けAPIのコース、Hyper-VやVMwareとの連携コースなどからなるコース体系を発表しましたが、その後も拡充を計画しています。すべてを受けると日本で一番詳しくSDNを理解できるようになるはずです(笑)。
先ほど宮永さんから話があったとおり、7年間研究・開発し、実績を積み重ねてきたNECの技術ですので、奥深さは群を抜いていると考えています。また、SDNは現在、利用範囲が拡大しています。その拡大にあわせて随時、豊富なリファレンスをトレーニングに取り入れていますので、たくさんのケーススタディーを学べるところが魅力だと思います。
SDNはお客様の要件やビジネススタイルによって、様々な設計・構築が求められます。できるだけ多くのリファレンスパターンを得ることがビジネスの競争力につながります。
ECマネジメントパートナー 人材開発サービス事業部 シニアマネージャー 山崎 明子

NECマネジメントパートナー
人材開発サービス事業部
シニアマネージャー
山崎 明子

山崎:

7年間蓄積してきた技術力とノウハウ、リファレンスが売りということですね。

SDNを活用して自社ビジネスを拡大させたいと考えている企業や、SDNに興味がある技術者の方には、ぜひ受講いただきたいですね。どうもありがとうございました。

技術者向けSDNコースフロー

コース名をクリックして、詳細をご確認ください。

SDN概念図

SDN/OpenFlow関連情報

NECサイトへ

NEC SDN Solutions http://jpn.nec.com/sdn/
SDN活用研究所(SDNを漫画で理解する) http://jpn.nec.com/ad/sdn_laboratory/
NEC SDN Solutions -NECの強み- http://jpn.nec.com/sdn/advantage.html

特集/おすすめセレクション

ページの先頭へ戻る